野球部史
明治6年〜明治40年明治41年〜大正15年昭和2年〜昭和20年昭和22年〜昭和61年平成2年〜平成20年
記 録

明治41年(1908)

沼津中と対戦(韮山中3-2沼津中、韮山中11-3沼津中)
明治42年(1909)

沼津中と対戦(韮山中10-3沼津中、韮山中6-1沼津中、韮山中8-1沼津中)

明治43年(1910)

沼津中と対戦(韮山中1-2沼津中、韮山中8-4沼津中)

明治44年(1911) 沼津中と対戦(韮山中4-12沼津中、韮山中3-4沼津中) 
*朝日新聞社が「野球害毒論」を発表。これ以降、全国の中学野球部の多くは活動が停滞する。

明治45年(1912)

この年の記録は空白である。何等かのトラブルで活動が停滞していたことが考えられる。

大正2年(1913)

この年も校内試合の記録はあるが、対外試合の記録はない。

大正3年(1914)

沼津中と対戦(韮山中14-12沼津中)

大正4年(1915) 沼津中と対戦(韮山中12-8沼津中) 
静岡中と対戦(韮山中13-12静岡中) 
*全国中等学校優勝野球大会始まる。(第9回大会まで本県の出場なし)
大正5年(1916) 沼津中と対戦(韮山中6-3沼津中)
大正6年(1917) 静岡中と対戦(韮山中5-8静岡中)
  大正7年(1918) 県下中等学校野球大会始まる。(全国大会の予選ではない) 
 韮山中1-19浜松中 韮山中6-10掛川中
  大正8年(1919)

県下中等野球大会(参加五校外実業団五六あり) 
 韮山中3-14静岡中 韮山中9-6沼津中

  大正9年(1920) 県下中等野球大会(韮山中、静岡中、浜松師範、沼津中、掛川中参加)
 韮山中-静岡中 審判の判定に静岡中が抗議し混乱中止、翌日の再試合を韮山中棄権
  大正10年(1921) 県下中等野球大会 韮山中不参加 
この頃、実業団や三島重砲兵第二連隊などとの対戦記録が多く残されている。
  大正11年(1922) 県下中等野球大会(韮山中、静岡中、浜松中、沼津中、榛原中参加)
 韮山中6-11静岡中 韮山中12-9浜松中 韮山中12-7榛原中
 韮山中2-12静岡中(優勝戦)
  大正12年(1923) 神静野球大会(全国大会予選として始まる。於横浜公園グラウンド)
  韮山中2-16神奈川中 
県下中等野球大会 韮山中不参加 
三島商との対戦(韮山中18-3三島商) 
沼津商との対戦(韮山中13-8沼津商)
 
サムネイル:大正12年  
  大正13年(1924)

神静野球大会(於古庄グラウンド) 韮山中1-6掛川中 
*全国選抜中等学校野球大会始まる。(於名古屋) 
*この年から夏の全国大会が甲子園球場で行われる。(静岡中出場)

  大正14年(1925) 県下中等野球大会(神静大会予選となる) 韮山中0-13静岡中
県下東部野球大会 韮山中14-4沼津中
  大正15年(1926) 県下中等野球大会 韮山中5-14清見潟商 
*第12回全国中等学校優勝野球大会で静岡中優勝
copyright (c) 静岡県立韮山高等学校野球部OB会