野球部史
明治6年〜明治40年明治41年〜大正15年昭和2年〜昭和20年昭和22年〜昭和61年平成2年〜平成20年
ホームページ開設にあたって
記念誌
創部100周年記念誌
「強くますぐに飾りなく」より
 韮山高校野球部は、創部以来百年の星霜を経ることになった。この間、野球という言葉が我が国で一般に定着していなかった19世紀末から21世紀を間近に控えた現在まで、途中には戦争に伴い野球が禁止された不幸な時期があり、また、中等学校から高等学校への移行、さらにはボール一つが貴重であった時代から物のあふれる今日まで、我が国を取りまく社会経済の大変貌があったものの、龍城山下のグラウンドでは、野球に取り組む変わることのない青春があった。
 こうした中から我が校野球部は、昭和25年春の選抜大会全国制覇、また平成7年夏の全国選手権3回戦進出など、球史に輝かしい史跡を残してきた。これらは、校訓「忍」のもと、質実剛健の校風に従って文武両道に励んだ野球部員の実績でもある。また、平成7年の夏の甲子園球場のスタンドを揺るがせた大声援に見られるように、我が校野球部が多くの同窓生や地域の人々から愛され、支援され続けた賜物でもあろう。
 我々野球部OB会は、今後とも、龍城山下で学び研鑚に励む野球部員が健やかで楽しい青春を過ごしつつ歴史と伝統を継承し、我が校野球部が永く発展することを祈念し、ご挨拶とさせていただく次第である。
前韮山高校野球部OB会会長  岡本 重幸

 

記 録

明治6年(1873)

韮山仮研究所開設(学校創立)
* この頃、アメリカから「ベースボール」が日本に伝わる。
明治29年(1896)

静岡県韮山尋常中学校に改称。学友会発足 
*静岡中学、浜松中学に野球部創部

明治30年(1897)
創部

学友会を講演部、運動部、雑誌部の三部に分ける。(韮山中学野球部活動のはじまり)「運動部機械を整頓するため、…野球、…の諸道具を購求する。」 
*浜松中―静岡中の試合(記録に残る中等野球史上最古の試合)

  明治31年(1898) 学友会運動部規則制定「陸上運動部にては『ベースボール』…等の遊戯を為すべき器具を備ふ。」 
*浜松中―静岡中の試合に「韮山中学野球部員数名来観せられ…」【静中静高野球部史】
 
サムネイル:明治31年  

明治32年(1899)

学友会総則改正「陸上運動部」から「野球部」へ

明治34年(1901)
静岡中と対戦(初の対外試合)「韮山中学を破ったが記録は明らかでない。韮山中学は恐らく対外試合の最初であったろう。」【静中静高野球部史】
修学旅行先において鎌倉師範と対戦 正規の対戦ではないが初の県外試合
 
サムネイル:明治34年  
明治35年(1902)

部員(部費を払っている生徒)約200名。全校生徒の約半分にあたる。
静岡中と対戦(韮山中2-18静岡中)
「昨夏旧選手の敗軍(明治34年)を想起し復讐の念禁ずる能はず。」
「韮中は此の敗戦に悲憤やるかたなく、爾来龍城山頭に烏の啼かぬ日はあっても、その山麓に球を追う選手の姿見かけぬ日はなかったという。」【静中静高野球部史】
浜松中と対戦(韮山中2-8浜松中)
静岡中と対戦(韮山中12-11静岡中) 正規の対抗戦での初勝利

明治36年(1903) 第2回東海五県連合野球大会(韮山中、静岡中、浜松中、名古屋中、早稲田大参加 於浜松中)
 韮山中9-4静岡中 韮山中7-11名古屋中
 韮山中3-4早稲田大(選手負傷のため6回で棄権) 
*早慶戦始まる。
明治37年(1904) 田方農林と対戦(韮山中32-0田方農林)
静岡中と対戦(韮山中17-2静岡中) 
沼津中と対戦(韮山中8-18沼津中、韮山中20-8沼津中)
沼津中との定期戦始まる。
明治38年(1905) 沼津中と対戦(韮山中6-13沼津中、韮山中9-2沼津中)
  明治39年(1906) 静岡中と対戦(韮山中12-11静岡中) 
「このころ静岡中学は韮山中学に勝てず、打倒韮山が合言葉であった。」【静中静高百年史】
  明治40年(1907) 沼津中と対戦(韮山中14-4沼津中、韮山中11-3沼津中)
「明治40年には韮山中学に10-7、10-1と大敗を喫し…ただ東天に韮山中学を睨みつつ臥薪嘗胆、日を送るのみであった。」【沼中沼東八十年史】 
静岡中と対戦(韮山中15-3静岡中)